オンラインカジノの例として良く挙げられる『日本人がラスベガスでカジノをする場合』というのがコレに該当します。サーバー(カジノの胴元)がまず、カジノの許可された国にあるということです。

 

このような法律の整備がなく、合法的な運営許可を運営側が持っている以上、法的にプレイすることが問題があるということは出来ないのです。いくつかその理由はあります。

 

違法性は無く法律的にいえば、プレーができます。ですので、日本人がカジノが許可された国、アメリカラスベガスや韓国、マカオ、シンガポールなどのカジノでプレイできるのと同じく問題なく遊ぶことができます。

 

プレイをしてはならないという法律もありませんしオンラインカジノへの入金を規制する法律もありません。現在大多数の国と同様で日本は、オンラインカジノに関連する具体的法律がない状態デス。

 

しかしながらプレイを正式に許可してる法律もないのが実態デス。日本では得た賞金を換金する事は禁じられてます。

 

世界のいろいろな場所や地域の政府からダイレクトに発行をされた許可証(ライセンス)を持ってオンラインカジノサイトは、合法的に運営されてるのです。「オンラインカジノをプレイしてはいけない」という法律を逆とし、明確に作ってる国はないのです。

 

カジノが許可を受けた国での当然ながら決済となって、$(ドル)で大多数がやりとりすることになります。オンラインカジノのゲームソフトウェアがこのライセンスにより、ライセンスを取得した国のサーバーに置かれる事により、だれがプレイしてもインターネットを介しては合法的に行われるのデス。

 

個人がオンラインカジノでプレイする事を法律で正式に許可をしている国が、世界では、現在80カ国以上にのぼり、その数は年々増えてます。賞金をもちろん換金する事は日本では違法ですから、条件として絶対海外での場で行うこととなります。

 

外国で要はお金のやりとりはする事で日本の法律に触れることがないのデス。