全てRNGというオンラインカジノのゲームは、イカサマの出来ないカードや結果を完全にして無作為に生み出す機能を持ってゲームの勝ち負けを判断しています。自分ももちろん例外ではなく、後ろで誰かが勝ち負けをコントロール出来るようになってるんじゃないかとはじめてプレイをした時は思っていました。

 

オンラインカジノの運営許可証を発行してる同じ国とエリアがコレは発行してます。許可証(ライセンス)を取得しないとオンラインカジノの運営する運営会社はいけないのですが、ゲームソフトウェアをその運営会社へ提供するゲームメーカーもライセンスを同じく取得をする必要があります。

 

じつはこれはランドカジノ(ラスベガスなどの実物のカジノ)と一緒の技術で、例えばスロットマシーンなどに導入されています。イカサマされてオンラインカジノは勝てないのか?パソコンで行うゲーム特有、優良オンラインカジノ会社は、公平にゲームが行われてることをユーザーに証明をし、アピールをきりりとするためにライセンスと監査をキッチリと行っています。

 

このような監査結果を、ソフトウェア会社は外部にも公開することもあります。ゲームの作りや使用をしているRNGエンジンがこのライセンスを取るときには、特殊の第三者監査機関の仮借しないチェックを受け、更にこれ以上ない権限者以外そのゲームエンジンにアクセス出来ないなどの運営体制までチェックをされます。

 

走りオンラインカジノをプレイした人がよく言う台詞「パソコンだからこれっていくらでもイカサマできるんじゃないの?」。運営が開始されてからも、検査を継続的に受けて、如何わしいところが実際の結果にないかなど調べられます。

 

さて、ほんとにこのRNGゲームエンジンがイカサマ出来ないものなのか、これがきりりとゲーム結果を判断するときに使われているのか、というのが次の疑問点です。