シッカリした各国の株式市場に上場をしてる会社も一杯です。オンラインカジノという言葉をどこかで目にした時、「絶対詐欺だ」「そんなの怪訝な」と思ってるかもしれませんネ。

 

そういったカジノのみをこのホームページでは、紹介をしてきてます。イギリス、オランダ、南アフリカ、イスラエル、スウェーデン、米国等にソフトウェアプロバイダーはあり、契約をオーナー会社と結んで、カジノゲームのソフトを供給しています。

 

すべて海外の会社です。運営してる会社(オーナー会社)と、そしてソフトを供給してる会社(ソフトウェアプロバイダー)と、さらにお金の遣り取りを管理している決済会社(ペイメントプロセッサー)でオンラインカジノは、構成をされてます。

 

オンラインカジノの監視をするNPOも発足を現在しています(eCOGRA)。4年前、ワタシの場合、ラスベガスに旅行に行くカジノに関して前に、いろいろと検索エンジンで検索していたとき、オンラインカジノと言う言葉をタマタマ目にしました。

 

95年ごろに新規オンラインカジノはネット上に開設をされたと言われてます。ヴァージンアトランティック航空で世間的にも有名なヴァージングループとか、大手メディアの一つであるBSkyBグループも進出しています。

 

急激にそれ以降数が増えて、1,800以上とも2,000以上ともいわれるほとんどのオンラインカジノが現在では存在をします。イギリスの大手会社Ladbrokesや、ホテルで有名なヒルトングループもオーナーにはオンラインカジノの経営に乗りだしてます。

 

カジノを運営する免許(ライセンス)をオーナー会社は発行してもらって、運営をそれに基づいてしています。何も心配無く人気があって歴史あるオンラインカジノであれば、遊べます。

 

悔しさのあまりラスベガスで負けて帰ってきたわたしは思い切って足をオンラインカジノに踏み入れたのが最初です。カリブ海諸国とかカナダとか米国等にペイメントプロセッサーはあって、お金の決済を請け負ってます。

 

はじめてその時、ダウンロードをしたがカジノオンネットでした。