カジノによって違いますが、さらに、殆どのオンラインカジノでは、上記みたいなボーナス条件をルーレットやバカラやクラップスで賭けても、満たさないというような事になっています。累計でつまりは$2,000ということです。

 

更に、苛虐除外ゲームより概念に規制ゲーム(Restrictedgames)があります。良く、「自前で入金した分だけをボーナスをもらった後で、すぐに払い戻すことはできますか?」という質問をもらいますが、大多数の場合コレはダメです。

 

このように、ボーナス条件がいくら賭けてもクリアされないゲームを、標準的と除外ゲームに呼びます。$100の初回入金に対してたとえば、$100のボーナスをくれるカジノがあって、そのオンラインカジノのMWRが(入金額+ボーナス額)の10倍だったとします。

 

ボーナスをもらった場合は、ほとんどのカジノでは、デポジット(購入)額とボーナス額の合計金額の10倍分賭けてからとか、20倍分賭けてから、というような引き出し前の条件(MinimumWagerRequirement=ミニマム・ウェイジャー・リクワイアメント=略称MWR)が厳格ところではついています。例外のカジノ(カジノオンネット、インターカジノ等)もあるのですが、そのような事をすると、これらのカジノでも、ボーナス乱用として以後のボーナス受領権利を喪失をしたりする事もあります。

 

ボーナス条件を満たす前に指定をされているゲーム(規制ゲーム)で規制ゲーム性をとっているカジノでは、遊んではいけません。この条件をもし満たさないで無理にボーナスを払い戻そうとすると、最悪のケースだとコレを繰り返したアカウントが場合凍結をされてしまい、遊ぶことが以後できなくなります。

 

最低賭けないといけない金額は、この場合、($100+$100)x10で$2,000になります。一般的にこれをボーナス条件と呼びます。

 

$2,000をコレは、一発で賭けてもいいですし、$1ずつ2,000回賭けてもオーケーデス。日を当然またがっても大丈夫です。

 

この除外ゲームがこの頃はドンドン増えていて、スロット以外はひどいところでは除外ゲームにすべてなっていします。